ふわふわした紅白歌合戦も良い

大晦日の夜はNHKの紅白歌合戦を視聴しました。他局ではバラエティやスポーツ、年末特番などが放送されていますが、やはり昔から大晦日は紅白歌合戦というのが落ち着きます。

今年の司会は綾瀬はるかさんと嵐のメンバーでしたね。最初は綾瀬さんの天然でマイペースな司会ぶりに驚きましたが、ふわふわした司会ぶりが微笑ましくて、ゆるい紅白も良いかもと思ったものです。

女優さんは演技が出来れば充分だと思うのですが、最近はバラエティに出たり司会を務める技量も求められて大変そうですね。きちっと締める部分は本職のアナウンサーに任せれば良いと思います。

今回は綾瀬さんをフォローする嵐のメンバーも頼もしく感じましたし、今までとは違う紅白歌合戦という感じで面白かったです。

賛否両論あるのかもしれませんが、なんか紅白の皮がひとつ向けたような気がしました。カッチリしたものから、人間味のある番組に変わっていくような、そんな印象を受けました。

これからまた紅白を見る人数が増えていくのでは無いでしょうか?それだけ大きな変化のような気がしています。私の周りには紅白を見ないという人も結構いますが、やっぱりカッチカチの部分が苦手なようでしたので。

Similar Posts
季節を感じる「百均」のお店
私は「何でも百円均一」のお店が好きで、お出かけすると、ついでに、その近くの百円均一のお店に立ち寄ります。 百円...
パパ友と子供たちデートの休日
私が日中仕事で不在のある休日、娘の大好きな年上のお友達ガビーがパパと一緒に私たちの住むパリにやってきました。 ...
群馬、野反湖を望む
ここのところ、主人とドライブがてら遊歩道ウオ―キングに目覚めています。ある休日、前橋は猛暑予想とか。涼しい場所...