早起きに徳ありますか?

早起きは三文の徳という諺がある、だれよりも早く起床して小まめに働く、この国の勤勉さや几帳面さを表現したことですね。

スマホやパソコンと合理的なものが普及してきた今の時代でも、サラリーマン社会では好まれるものらしい。

それだけが全ての評価になるってことではないけど、最低限上司より早めの出勤する人っていうのは好感度持たれるそうです。

きちんとした姿勢で誠実さを感じるという、ですがものは考えよう、いろんな人がいますからね。

ぎりぎりに出勤してきても上司ウケする人っているもんだ、いつもそれじゃ良くないかも知れないけれど。

誠実と思われるのは山積みとなった仕事が片付いてないとか、状況よく理解してて早めの出勤するって時ですよね。

そんな状況でぎりぎりの出勤はよくない、早く起きるには早めの就寝心がけること、お酒飲むのは週末だけ、それくらいの気持ちでいて欲しいなと思う。

この諺にある徳っていうのは、お得感とかの「得」ではないんですね。

Similar Posts
季節を感じる「百均」のお店
私は「何でも百円均一」のお店が好きで、お出かけすると、ついでに、その近くの百円均一のお店に立ち寄ります。 百円...
パパ友と子供たちデートの休日
私が日中仕事で不在のある休日、娘の大好きな年上のお友達ガビーがパパと一緒に私たちの住むパリにやってきました。 ...
群馬、野反湖を望む
ここのところ、主人とドライブがてら遊歩道ウオ―キングに目覚めています。ある休日、前橋は猛暑予想とか。涼しい場所...